「できた」が自信に

成功を経験して、笑顔とできることを増やしていきます。

だれでも「できた」という体験はうれしく感じるものです。子笑では、専門性をもった職員が、お子さんの「一人でできるようになる可能性」を見極め、「できる」ことを増やすことで、将来の選択肢の幅を広げていくこと、そして自信をつけてチャレンジする心を育てる支援を提供します。

「大人になったとき、生きやすく感じていてほしい」自立支援課題で「自信」をつけて「不安」を解消

  • 児童指導員 水谷麻美(みずたに まなみ)
  • 社会福祉士・保育士
  • 2016年8月入社

もっと詳しく見る

簡単な自己紹介をお願いします。

はじめまして、水谷麻美です。前職では、知的障害者入所施設で支援員をしていましたが、前職でお世話になった先輩たちがSHIPにいらっしゃったため興味をもち、法人の考え方や支援の方向性が「素敵だな」と感じていました。そういった経緯があり、2016年8月に入職しました。SHIPでは、グループホーム・生活介護の支援員を経て、2018年4月、子笑に異動してきました。

前職と比べて、支援に対する考え方など、違いはありませんか?

SHIPでは、「できる部分を増やす」、「芽生えの部分を伸ばす」といった支援の方向性がわかりやすいため、一貫したブレない支援が提供できています。また、法人内で開催される研修が多く、新たな考え方・モノの見方、支援方法を身につけられるため、職員全体が支援者として力をつけていく機会に恵まれています。そういったところは、前職と違うところです。

子笑での役割や仕事の内容を教えてください。

お子さんが来所していない時間帯では、主に個別のプログラム準備、個別の自立支援課題の作成をおこなっています。お子さんが利用している時間帯では、その日のスケジュールに沿って、運動や学習の個別プログラムの提供、お子さんの送迎をしています。日々のお子さんの様子を見ていく中で、より良い環境作りや個別プログラム内容になるよう随時設定・変更をしています。

個別のプログラム、個別の自立支援課題を提供するのはどんな意味がありますか?

個別にしている理由は、一人ひとりのお子さんで、できる部分や苦手なことが違うため、同じ課題を全員ができるとは限らないからです。一人ひとりの段階に合わせた課題を提供することで、定着や自信へとつながる可能性が高いためです。

どのような手順で、個別のプログラムや個別の自立支援課題が作成されるのですか?

日々の観察や、アセスメントシートの活用、保護者の方からお話を伺うなどして、お子さんそれぞれの興味のあるものや得意なこと、もう少しでできそうな部分をあげ、その部分に焦点を当てたものを反映しています。

例えば、個別でその日のスケジュールの提示方法を変えています。同じように目でみたものでも、その理解の度合いはそれぞれのお子さんで全く違います。文字での提示がわかりやすい子、イラストでの提示がわかりやすい子、写真での提示がわかりやすい子など、本当に様々です。文字での提示でも、鉛筆で書いたものなのか、マジックペンで書いたものなのか、それだけの差で理解度が変わってくるのが、日々の支援の中で見えてきます。スケジュールは先の予定を見通すことができ、不必要な不安を与えないための大切なものなので、一人ひとりに合ったわかりやすいものを提供しています。

最後に子笑で大切にしていることを教えてください。

子笑を利用することで、お子さんたちが色々なことを自分で理解して行動できるようになったら、「いつか大人になった時に生きやすいのではないか」という思いがあります。そこに繋げるために、成功する体験を増やして、自信につながるような支援を大切にしています。

この職員紹介だけで放課後等デイサービス子笑の支援内容をご理解いただくのは難しいかと思います。随時、見学や体験を受けつけておりますので、お気軽にご連絡ください。

お問い合わせ

チームで「将来を見据えた支援」という理念を追求アセスメントのうえ根拠のある支援を実施

  • 児童発達支援管理責任者 原田貢(はらだみつぐ)
  • 2019年4月に、生活介護 笑プラスのサービス管理責任者として異動しました。
  • 社会福祉士・介護福祉士
  • アンガーマネジメント キッズインストラクター
  • 2013年1月入社

もっと詳しくみる

簡単な自己紹介をお願いします。

2014年4月の当事業所開設時から、職員をしている原田です。現在は、児童発達支援管理責任者として勤務しています。

入社理由(志望動機)を教えてください。

6年ほど前まで、障害者支援施設に9年半勤務していました。あくまで当時の自分の印象ですが、施設での利用者様に対する支援は、「公平・平等」という意識が強く、個別の状況に合わせた支援が提供しにくい雰囲気がありました。そういった点に疑問を感じ、支援の専門性を学びながら、勤務できる職場はないかと求職活動を始め、SHIPの理念や研修内容に惹かれ入社を希望しました。

前職と比べて、支援に対する考え方等、違いはありませんか?

180度というとオーバーかもしれませんが、「目からウロコ」というか、支援に対するしっかりとした方向性や、根拠があり、良い意味でカルチャーショックを受けたような感じでした。支援の計画内容も、職員個人の主観で立案されるのではなく、サービス管理責任者が方向性を持って、画一的ではない個別の支援計画を立案、チームとして現場職員が計画を実行します。管理的・保護的な施設支援(あくまで当時ですが…)とは考え方など、違いが多くありました。

子笑での児童発達支援管理責任者としての役割や仕事の内容を教えてください。

個別支援計画の立案と、計画に基づいた支援の進捗状況の確認、支援を実際に提供している現場職員へのアドバイスなどをおこなっています。また、保護者や学校、相談支援事業所、市役所といった関係機関との連絡調整もおこなっています。

子笑の理念をどのように実現させていますか?

理念の中に「将来までを見据えた支援」という言葉があります。この言葉は、非常にわかりやすくて、支援の方向性のズレやブレを修正してくれるキッカケにもなっています。目の前のお子さんが、将来に向けてどんなスキルが必要なのか、コミュニケーションのスキル、ストレス対処のスキル、余暇の過ごし方のスキル…、個別に確認しながら理念の実現に向けて支援しています。子笑に限らずSHIPでは、アメリカ、ノースカロライナ州で実践されているTEACCHプログラムを基に、「構造化」に取り組んでいます。何故、構造化が必要かといえば、発達障害の人の特性から、健常者の理論や理屈はとても分かりづらいのです。言葉だけの指示、状況から察するということ…こういったことは苦手な方が多いです。なので、日常の中の様々な場面で、発達障害の方は不安を抱え、過ごしているケースが多いです。放課後等デイサービスでも「支援者は、なにか期待しているみたいだけど、何をすればいいの?」、「いつまで、これをやればいいんだろ?」、「これが終わったら、次は何をするんだろう?」といった不安な気持ちを胸にしているケースが多く、不安が募れば、声をあげてしまったり、物に当たったりしてしまうこともあります。不安を原因として、様々な問題行動と呼ばれる行為が発生してしまうのです。

「構造化」というのは、発達障害の人に「今その場で、何を求められているのかを分かりやすくしてあげることです」例えば、「見通しが立つように視覚的に提示すること」などです。こうすることで不安が解消されます。子笑では、注意散漫になってしまう児童には、パーテーション等の衝立を立て、落ち着いて取り組める空間を状態に応じて設定します。また、今何を取り組めばいいのか、分からなくて不安になってしまう児童には、見通しが立つように、児童に合わせた個別のスケジュールを作成しています。これら不安の解消が「構造化」の取り組みの効果・目的だと自分は理解しています。「構造化」を的確におこなうために、もっとも重要だと感じるのは、アセスメントだと思います。個別にアセスメントすることで、AさんにはAさんに合った構造化。BさんにはBさんに合った構造化があります。画一的に構造化的なことをおこなうことは、不特定多数に同一な環境を設定し、単なる枠組みに対象者を当てはめてしまうだけになってしまいます。そうではなくて、個別に利用者様の状態をしっかりアセスメントしてから、その人に合った「構造化」の導入が図られていくべきだと思います。また、児童が取り組んでいる「自立支援課題」についてですが、取り組む意義や効果はいくつかあります。「自立支援課題」は課題の工程や終了がわかりやすく、取り組むことで達成感や成功体験を積むことができます。視覚的な指示を見て取り組むことから、注目するところが何なのかを学ぶこともできます。個別の状態によって提供する課題の内容が違ってきます。何に着目したらよいかといった学びを繰り返すことで、例えばスケジュールに注目するようになった事例もあります。

利用対象者にとって、どんな事業所にしていきたいと考えていますか?

その人の状態をできるだけ正確に把握して、将来に向けて必要なスキルを獲得できる事業所にしていきたいと考えています。それを実現するためには、自分も含めて他の職員も、研修などで研鑽を積み、障害特性について、まだまだ学んでいく必要があると思います。

この職員紹介だけで放課後等デイサービス子笑の支援内容をご理解いただくのは難しいかと思います。随時、見学や体験を受けつけておりますので、お気軽にご連絡ください。

お問い合わせ